データ変換

弊社ではお客さまのデータやスキャニングデータをDWG、JWW、P21,SFCに変換します。​
ラスべグ変換したデータの​編集・加工処理後のファイリングまで 一貫したサービスを行ないます。 ​

  • 紙図面を画像データ(PDF/TIFF)変換やDWG/DXF/JWW/JWC/SFC/P21等のCADデータ変換
  • ラスター図面をCADトレース(自動ベクトル変換)・修正・出力
  • DWG・DXFから各CADソフトへの変換可能(対応ソフトはお問い合わせください)
  • CAD製図基準案(SFX)に準拠したデータ作成
  • 既存CADデータをCAD製図基準案に合わせての編集
  • CADデータの変換・データの補正・入出力
    (AutoCAD、JW CAD、DXFなど各種データからの出力が可能)
  • データ変換後のカラー/モノクロプリント B5~A0長尺(カスタムサイズ)や変倍にも対応


ファイル変換で生じた文字化け等の修正も行いますのでご相談ください

ラスターベクター(ラスベグ)変換とは

■ラスターデータは、細かい点(ドット)等に色を着ける事で絵を描くためスキャナやフォトCDから取り込んだ画像を、加工したいといった用途にはペイント系ソフト(アドビ社フォトショプ)編集・加工が最適です。  

■ベクターデータは、数値データで構成されているため、フローチャートのような直線や、数学的な曲線を使った絵を描く時はドロー系ソフト(アドビ社イラストレータ)での編集・加工が最適です。 ラスターとベクターを相互間で編集・加工するのためにラスべグ変換は必要です。