電子納品サービス

 国土交通省が推進するCALS/ECは、ITを活用したデータの標準化と共有・有効利用を通じ、 公共事業業務のプロセスの革新に資するための取り組みです。
 FNC(Filing Network forCALSの略)の会員の弊社は、CALS/EC(電子納品)に取り組んで、お客様の手を煩わせずに電子データの成果品を確実にお届けできる体制を整えております。 

 電子納品の定義は、調査・設計・工事などの各業務段階の最終成果を電子データで納品することをいいます。 ここでいう電子データとは、各電子納品要領(案)に示されたファイルフォーマットに基づいて電子化された資料・情報を指します。 

≪CALSを強力にサポート≫  
≪事前協議で安心≫

  • SXF一括保存 複数の図面のライフサイクルと改定履歴を一括で変更し保存します。
  • 責任主体自動変更 図面データを読み込み後、編集を加えた要素が存在するレイヤだけを抽出、 名称変更可能です。
  • CAD製図基準テンプレートカスタマイズ 発注者による納品基準の違いに対応しております。

 

 

電子納品(CALS/EC) とは 

 2001年、電子入札と電子納品の開始ととも国土交通省CALS/ECが本格始動しました。  CALS/ECは、「公共事業支援統合情報システム」「情報の電子化」「通信のネットワークの共有化」の3要素から成り立っています。

紙で交換されていた情報を電子化すると共に、ネットワークを活用することで、各業務部門間の情報を共有・有効活用を図る仕組みです。  

 国土交通省は、「CALS/ECアクションプログラム」の実現に向けて、計画、調査、設計、契約、施工、維持管理といった公共事業の一連の業務プロセスをITの活用によって支援するシステムの調査、研究、開発及び普及のための諸活動を行っています。

国土交通省の建設CALS/ECをはじめ各行政は、次々と電子入札システムに移行しています。

 現在、設計図書はすべて電子化され、それに伴う成果品の電子化要領も着々と整備されつつあります。また、成果品精査用プログラムが配信され、要領に沿った成果品が必需となっています。

 設計・竣工図書の電子データ作成は単に「図面、報告書スキャニング」「データからのPDF化」「CAD上でのデータ変換」というものではありません。

CALS/ECに対応する支援ソフトが多く発売されていますが、一人の人材がPCに専業し電子データを仕上げていくのは、本業の設計や計画に関与されている技術者の人件費を考えれば、誠に非効率的です。また繁忙期になればCALSどころではなくなります。

  常に変更する作成要領に対応し、どの段階からでも受注できる体制を持ち、成果品精査用プログラムのレポートを作成するCALSこそアウトソーシングすべきではないでしょうか?